新町仏具印判店ブログ


新町仏具印判店 店長
藤田 道正(ふじたみちまさ)

カレンダー

2011年7月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

過去の記事

店長のブログ

2011年7月

鈴の音

鈴の音は鈴の材質によっても違いますが、大体鈴の直径が大きい程低い音(ゴーン)で小さい程高い音(リーン)と鳴ります。余韻が長いほうが上等なものです。杢魚(もくぎょう)も音の高さの違いは同じです。

仏具について

暮らしの中の仏壇

今までは、床の間の横に仏壇と言うイメージが大半でした。しかしこの頃は住宅事情が変化して、床の間が無いお家も増えて来ました。仏壇の置く位置としては、基本的にはご飯などをのお供えが簡単に出来、一番皆様が寄りやすい所で、隅っこの方でないところが良いところじゃないかと考えます。

お仏壇について

お仏壇と神棚

仏事はハッキリしたルールがあって無い様な所がありますが、聞いた所によると仏壇と神棚の向きは向かい合って置くとか、仏壇が下でその上に神棚を置くと言うのは避けた方が良いと聞いています。

 

お仏壇について

永代使用

お墓の費用のところでいいましたが、墓地を求められると言う事は祭られる方が居られる限り、使用できる権利です。じゃあ、お祭りする方がいなくなられたらどうするかと言うことです。その時はお墓がなかった状態、簡単に言えばアパートの入る前の状態に戻し、墓地を返却する事が大前提のルールです。もちろん、撤去、撤収費用は遺族の方の負担で行われます。これは宗派、宗教を問いません。

お墓について

墓地の費用

よくお客様から墓地を買わなくちゃいけないとよく聞きます。本来、墓地を求めることは、そこの霊園、寺院、共同墓地の管理事務所から、家が続く限り(世代が続く限り)永代使用出きる権利を得るという事です。簡単に言えば家賃見たいなものです。だから墓を見ることが出来なくなれば、アパートを引越すのと同じで、墓が無かった状態にしてお返しすると言うのがルールですし、その際に墓地の費用は返金されないと言うのがルールです。

お墓について
1  2  
お問い合わせ

探す仏壇.jp